1回目の漏斗胸手術のあと  筋層下ナス法による漏斗胸手術のすべて

1回目の漏斗胸手術のあと

筋層下Nuss法による漏斗胸手術のすべて

退院はだいたい術後7日目

筋層下ナス法による漏斗胸手術の術後 筋層下ナス法による漏斗胸手術の術後の経過は、例えば水曜日に手術をした方であれば、術後7日目の、翌週の木曜日に退院するのが普通のパターンです。退院後は、松山に2泊していただき、2日後の土曜日に外来受診となります。その後外来を受診していただいて血液検査、レントゲン、CT.心電図、呼吸器機能の検査をしていただいた後、お帰りいただけます。
 この時、 20人のうち1人くらいの方は、特に血液検査術後の炎症反応等が十分落ちていないということで、抗生物質を追加投与して、再検査が必要です。再入院して様子を見ることもあります。

退院後の検査・その後のご連絡

退院後の検査・その後のご連絡退院後の検査・その後のご連絡 退院した1ケ月後に、ご来院いただき、同じような検査をします。この時に行う心エコーの検査結果を見れば、術前の心エコーと比べ、漏斗胸が改善していることがよくわかります。
 たいていの方は、問題なく一日でお帰りいただけます。

 この後は、電子メールでのご連絡になります。2回目の手術まで来院する必要はありません。
 半年後、電子メールでご様子を伺って、問題がないようであれば、その後は運動をしていただいても大丈夫です。

バーを抜く二期的手術をする日を決定

バーを抜くのは、大人の方であれば漏斗胸手術から3年後 それから大人の方であれば漏斗胸手術から1年半後、お子さんであれば手術から6ケ月後に、また電子メールで近況を伺って、バーを抜く二期的手術をする日を決めます。
 バーを抜くのは、大人の方であれば漏斗胸手術から3年後、お子さんであれば2年後です。
 子供と大人の区切りは、手術した年が19歳であれば2年後に抜くことになりますが、手術を行った年に20歳だった人は3年後にバーを抜く手術をすることにしています。
 ただし女性の場合で少し華奢な方などは、手術時が21歳であっても2年後に抜くような判断をするケースもあります。

 バーをある程度体内に入れておかなければならない理由は、肋骨の線状骨折は3ヶ月程度ですぐに治るのですが、胸骨が内臓を下に押し付ける力というのは非常に強くて、肋骨を直しただけでは足りませんから、胸骨の位置も正常に上げるためにはしばらくの期間バーを置いておく必要があるのです。

漏斗胸・胸郭変形の症状でお悩みの方はお問い合せください

このホームページでは、このすぐれた漏斗胸治療法である筋層下ナス法について、受診のお問い合せから、実際の手術法、術前検査、患者側の準備、医師側の心づかい、筋層下ナス法のメリットまで、まとめて詳しくご説明しています。ご自身やご家族の漏斗胸の症状についてお悩みの方は、ぜひご一読ください。
疑問点などは、右記お問い合せフォームからご質問いただければ、なるべく早くお答え申し上げます。
すべての漏斗胸患者のみなさんが、一日も早くお悩みから解放されることを祈念しております。

筋層下Nuss法による漏斗胸手術のすべて CONTENTS

漏斗胸手術の筋層下ナス法のすべて漏斗胸手術の筋層下ナス法のすべて

トップページ
すぐれた漏斗胸治療の術式として、筋層下ナス法を動画でわかりやすくご紹介します。

漏斗胸治療で受診するには

受診するには
漏斗胸治療で松山笠置心臓血管病院を受診するまでと、術前の検査・診断のポイントについて。

漏斗胸手術の準備

漏斗胸手術の準備
漏斗胸治療に耐えられる身体を作りましょう。術前のご説明と同意も大切です。

バーを入れる手術バーを入れる手術

バーを入れる手術
筋層下ナス法による漏斗胸治療が、ふつうのナス法とどう違うか、安全性・確実性について詳説。

1回目の漏斗胸手術のあと1回目の漏斗胸手術のあと

1回目の手術のあと
退院後の検査や、その後のご連絡、バーを抜く手術をする日の決定方法などについて。

バーを抜く手術バーを抜く手術

バーを抜く手術
手術創を増やさずにバーを取り出しきれいに縫合。漏斗胸治療が完了します!

痛みの少ない漏斗胸治療痛みの少ない漏斗胸治療

痛みの少ない漏斗胸治療
当院では術中・術後に痛みをかなり軽減する工夫をこらした漏斗胸手術を行っています。

漏斗胸手術の効果漏斗胸手術の効果

漏斗胸治療の効果
漏斗胸を治すと、胸部の陥没がなくなるだけでなく、さまざまな身体異常が改善されます。

筋層下ナス法の10大メリット筋層下ナス法の10大メリット

筋層下ナス法の10大メリット
安全性・確実性が極めて高い「筋層下ナス法」による漏斗胸治療の優位点をまとめてご紹介します。